ガバイボイストレーニングは歌が上手くなることはもちろんですが呼吸法を活用する事で身体も心も健康になります。
是非ともたくさんの方に活用して頂きたいです!

呼吸法のトレーニング🎵

おはようございます✨

今日からさらに細かく解りやすく
ボイトレをお伝えしていきます☝️

1日に出来る範囲のトレーニングを
お伝えしますので是非!活用して下さい💨


まずは!ボイトレの基本となる呼吸法から始めます😊


とにかく呼吸は歌にはとても必要であり、重要です!
息がなくなると、声は出ないですよね😓


毎日短い時間でも続ける事をオススメします👊🏻
短いと言っても1日5分はやって頂きたい😁



横隔膜の筋力と丹田の筋力を上げることで、肺活量も支える力も増えますから必ず頑張って下さい😤


まずは姿勢から整えて行きます!


壁に、かかと、お尻、肩、後頭部をくっつけて直立した時の姿勢を取って下さい!
そして、つま先立ちからゆっくりと
かかとを着け、重心が土踏まずに置いた時の姿勢を作りましょ〜!


そして逆腹式呼吸をやります☝️


①おそばをすする様にあるいはストローを吸うように口から息を吸って下さい!

この時、お腹を引っ込めるぐらい
思いっきり横隔膜を動かして下さい!

横隔膜が動いてるのが、わからない方は両手を真っ直ぐ上に上げて①をやってみて下さい!


②横隔膜を上げきったら横隔膜に力を入れる様に息を止めます。
そして丹田を突き出して下さい。


丹田を突き出すと言う場所や、
やり方がイマイチわからない方は!
こちらの動画をご覧ください!

http://youtu.be/WlalktTQOms

(自撮り難しいです😅わかりますかね?)



③丹田を突き出した状態を維持したまま、フーとケーキのロウソクを消す様に吐きます!
風車を吹く感じでも良いです。
フーがスーになってしまう方が多いので、確認して下さい。
歯に当ててしまうと、スーになってしまいます😓
スーになってしまうと息を吐いているのでなく、循環呼吸の様に出さない様にしてしまいますので、吐ききれないので、吸う時も十分に吸えないのです😓ですから、肺活量を増やす事が出来にくいですよぉ〜😆


スーの方が楽に丹田を突き出す維持が出来ます!フーの方が維持が大変です😤💨頑張りましょう👍



image


(今日は雲⛅️が多いですね!雲の合間に朝陽が…ちょっと夕焼けみたいですが!朝です😁)






この時に確認してほしいポイントの
もう1つは丹田に力を入れた時に腰にも圧力がかかるかどうか!?


腰がしっかりと支えていないと、丹田をしっかり突き出せないですから、
突き出しが出来てる場合は腰にも圧力がかかるのです☝️


大砲のストッパーがないと後ろに下がってしまいますよね!😅


それと同じ役割なんです👍


さぁ〜この呼吸のトレーニングが歌の基本となります!
とにかく横隔膜と、丹田の筋力を育てる為に必ず毎日、少しずつで良いのでトレーニングして下さい☝️


呼吸法の順番は簡単に言うと!

①おそばをすする様に口から息を吸って
②胸を止めて→丹田を突き出して
③息をケーキのロウソクを消す様にフーと吐く


これです!
今日1日のトレーニングはこの呼吸法を改たに、チェックをしっかりやりながら、実践して下さいね😊


解らないことはなんでも質問をどうぞです😉


明日も呼吸法のトレーニングのお話しを詰めて行きますね👊🏻


朝晩の寒暖差がありますから、風邪に😷気を付けて下さいね🙏


今日も読んで下さってありがとうございます✨🙇

音楽人生🎤 続編

おはようございます✨

さて昨日の続きのボイストレーナーになっていく私の音楽人生のお話しを続けますね😉


コーラスを目指した頃はちょうど、
久保田利伸さんがブレイクしていて、そのバックコーラスとして、
アマゾンズさんもブレイクしていたので、これはまずはコーラスグループを作るしかない!と思い、周りの音楽仲間に!コーラス出来る人を紹介して
欲しいと頼み周り、念願の三人コーラスグループを作ったのです!


おかげさまで、デモテープを作って色々と送ったり、オーディションを受けたりして、コーラスのお仕事を
ゲット出来る様になったのは、
これしかない!どうにかしなきゃ!
と言う行動力だったと今、思いますね😌


さて、コーラスとして活動するには、クラシックの発声でもさほど問題は
なかったのですが、ソロで歌うと
なった時…クラシックの発声は基本
ファルセット(裏声)で喉を使わない、というものなので良く、音大出?と
聞かれたものでした😓


クラシックの声楽は身体の使い方は同じなのですが、響かす場所が頭の後ろを通って回す感じなんです☝️
ですからクラシックの方の声は
みなさん同じ感じに聞こえますよね!
統制をとった声なんです。


裏声ではなく地声でとなった時に、
無理やり喉を意識すると、いわゆる
喉声になり、喉がしまった感じの声になってしまったのです😓
これを治すのに多分5〜6年は
かかったと思います。


たくさんの本を読みましたが、良く解らず、色々な先生に習いにも行きました。


本当にボイトレは抽象的で、頭でわかっても身体に染み込ませる事に時間かかりましたね!


ですから、出来ない方の気持ちはよくわかります😌


そして、自分が大変な思いをしたので
どうしたら良いのかと言う試行錯誤を繰り返すことで、みなさんにボイトレをお伝えするたくさんのトレーニング方法を見つける事が出来ました😊





image


(今日も快晴です☀️寒くなって来ましたね🌬)








コーラスの仕事をやりながら、ボイトレに通っていた先生から、教えてみたらと言って頂いたのが、ボイストレーナーになるきっかけでした😌

初めは何をどうしたら良いかわからず、自分が習った事を伝えていたのですが、抽象的なボイトレには半信半疑な事がとても多かったのです。


前もお伝えしましたが、ボイストレーナーの方はたくさんいらして、
これ☝️と言う決まった教則本があるわけではないので、なにが正しいかは世の中で決まっていない訳です!

これで良いのかな?と言う不安が内心最初はたくさんありました。


そんな不安を抱えながら教えている
ある時、今は辞めてしまった専門学校の同じボイトレの黒人の先生が、講師の先生方を前に『みなさんはご自分の教えられてるボイトレに自信を持ってますか?今ここで、みなさんの前でそのボイトレを伝えられますか?』とおっしゃったのです!


私は!おぉ!すごい一言と!思いました!

そしてどなたも何も言わなかったのです!伝えられる人は一人もいなかったのです😓


その黒人の先生は『私は自信を持って教えられます、興味があったら習いに来て下さい』とおっしゃったのです。


すごい!と思った私はすぐに習いに行きました(笑)

さらなる筋トレのエクササイズは
この先生が考えられたものです👍

このトレーニングや身体の理解がそれまでの不安を取り除いてくれました。

これだっ!と思いましたね!

身体を鳴らす!響かす事が全てである事が良くわかりました。

その後、LA在住のセス.リグスさんのレッスンも取り入れ、私の中でのボイトレはかなり完成されていた中!

この逆腹式呼吸の気功やヨガの呼吸法に出会ってさらなる進化を遂げた😤💨と言う思いにたどり着いたのです!


このバイブレーションボイストレーニングに出会った時に、とにかく!
たくさんの方に、この呼吸法を伝えたいなぁと思いました!

これは凄い!効果があるぞ!と言う
内容を伝えていける事がトレーナーにとって一番必要で、大切だと思うのです✨

この呼吸法は健康にもなるし、
メンタル(精神面)も安定する上に
お腹から声が出る感覚がとてもわかりやすく!
出しやすいという利点がたくさんあるのですから、きっと世の中の為になると☝️

たくさんの方に伝えたいと言う思いでこのブログも書き始めました。

ですから、毎日少しづつでも、呼吸法をやって声を出して、健康で楽しい日々を送って頂くために、これからも少しずつわかりやすく、ブログを進めて行きたいと思いますので!


是非みなさん
楽しんで読んで頂きたいです😊
そして呼吸法を実践して下さいね👊🏻


さらにツッコンで呼吸法と歌を習いたい方は!レッスンを受けに来て下さいなぁ〜😊


明日からさらに解りやすく最初から、動画も交えて、お伝えしていきますね😉

お楽しみに💕

最後まで読んで下さって本当にありがとうございます✨🙇

音楽人生🎵

おはようございます✨

いつも読んで下さる方より、
久々カラオケで息が続く様になったと
嬉しい報告がありました。
肺活量がやはり増えますね😊👍



さて!ここまで40日に渡って、ボイストレーニングに関して書かせて頂きました。

読んで下さったみなさん✨
ありがとうございます🙇

また、新たに1から細かく、動画などと共にお伝えして行きますが、
何故!このブログを始めたかを区切りとしてお伝えします。


私の今までの音楽人生のお話しとも
なりますが、最後まで読んで頂けたら嬉しいです💕


私が音楽を始めたのは3.4歳の頃にピアノを習いだした事からでした。

母が合唱などを好んでいたので、
娘には音楽をやらせたいと言う思いで、父に、ピアノかバイオリンを習わせたいと、持ちかけたところ!
バイオリンは顎にタコが出来そうだからピアノにしろ!とのよくわからない😁判断からピアノを習い始めました。

今思うと…バイオリンが良かったなぁ😅


そして、ゆったりとしたテンポで
ピアノを習い、何人かの先生に教えて頂きましたが、うまく弾けなかったり、聴音が出来ないと、バシッと!
叩く先生もいらっしゃる中、
有難いことに高校3年生までほぼ
ずっとピアノは習っておりました😁


そんな中、小学5年生の時に 『ひまわり』と言うイタリア映画を見たことで映画音楽にはまり、その後は洋楽
まっしぐらに中学時代はQUEENの
追っかけとしての人生をまっとうし😅


高校からはさらに!洋楽だけでなく、その時代をときめく、邦楽に浸り!
荒井由美さん目指して毎日弾き語りに没頭しておりました。


さて!大学への進路を考えた時に、どうしても、音楽の道に行きたかった私としてはその当時の選択枠に音大に行くことしかなかったのでした!


今のようにプロミュージシャンになる専門学校なんてありませんでしたから!

高校3年生になってから、ピアノの先生に、いきなり!『音大うけま〜す』
なんて軽く言いましたら😱

先生は目ん玉飛び出る勢いで😳

『西さん、何おっしゃってるの〜〜』と!そのお顔は忘れません😅
音大目指すには急過ぎると💨


しかし!私の道はそこしかなかったので、先生も四苦八苦して下さり!


『ピアノ科はいまさら無理!声楽科にしなさい!』
とご助言下さったのです。


その当時、私の中では、音楽が出来る!音楽に携わる事が目的で、中学生の時の夢が音楽評論家になる事だったぐらいなので、ボーカリストになりたい!ではなかったんです😅
どちらかと言うとキーボーディストを目指していたのでした💨💨💨



image


(今日も綺麗な空です😊ちょっとだけ雲が☁️
気持ちよい朝ですね☀️)






そんな中!幸運にも、設立されたばかりの昭和音大短期学部になんとか、
入学出来🎉
めちゃくちゃ遠い本厚木まで2年間通いました!が、学校は週3回ぐらいにまとめ、後は他の大学の軽音楽部にひしひしと通いつめ、キーボードプレイヤーとして、バンド三昧の生活だっのです😁

初めて習った声楽は、その当時!
『とてもオペラ歌手向きな体型と首の太さは日本人離れしていますわぁ〜』と先生に言われ(今より25キロ以上!大きかったのです😓)
卒業後はオペラ歌手を目指して芸大→イタリア留学を勧められましたが、
全然クラシックに興味がなかったので、真面目に学校には通ってましたが、卒業間近に先生に、『ロックやるので、芸大は行きません』と宣言した時の先生のお顔は…これまた!面白かったです😁

そんな思いもあり!
短大に通いながら、やはりクラシック畑では、いかん!と思い、ヤマハの
ロックキーボード教室に通い始めたのが人生の転機でした!

その後はロックキーボードの先生の勧めで、ヤマハのデモストレターやインストラクターのお仕事をさせて頂いて、あの当時のシンセサイザーの
王様!DX7のインストレイターもしておりました😆
今思うと、どこにそんな頭があったのやら😬


その後、ヤマハのイーストウエストで優秀賞を頂いたバンドでボーカル&キーボードとして活動をしていたのですが…正直な気持ちがフツフツと湧いてきたのです!

それは☝️キーボードは緊張して楽しくない😱

…と!歌は楽しかったのです😊
大学の頃から、声楽のテストは得意だったのに、ピアノのテストは緊張しまくりで、止まってしまい再試になった事もあったぐらいでした。
まっ!それがトラウマになって、緊張してしまうようになったのかもしれませんね😓


そこで考え直し!人生の転機を迎えたのが25歳の時でした。


キーボードを辞めて🙅
コーラスねーちゃんになるぞ!と😤💨
好きこそ!ものの!と言いますが、
やはりやりたい事をやるべきだ!と
奮起したのでした😤💨


まずコーラスを選んだのは、食べて行く手段と、その当時、自分の歌はやはり音大出のクラシック色が強い歌い方だったので、ソロのボーカリストに
なる事をすぐに出来ないと、思っていました。


この転職は周りの方々にもビックリされ、
『踊れるの?』と言うご意見もあり😁
コーラスと言うと➕振り付きでしたので😅


ここからがクラシックではない、
歌の勉強の始まりでした👊🏻


それはそれは長い道のりがあり、
ボイストレーナーになるきっかけになったのです!

と!ここまでで…こんなに長く!
さすが半世紀以上生きてるって事ですね😅

この続きは明日にしますね〜🤗


あっ!みなさん
逆腹式呼吸のトレーニングはお忘れなく☝️


①おそばをすする様に口から息を吸って
②胸を止めて→丹田を突き出して
③息をケーキのロウソクを消す様にフーと吐く

しっかり丹田の維持を頑張って下さいね👊🏻


今日も読んで下さってありがとうございます✨🙇

このページのトップヘ

見出し画像
×