ガバイボイストレーニングは歌が上手くなることはもちろんですが呼吸法を活用する事で身体も心も健康になります。
是非ともたくさんの方に活用して頂きたいです!

ポルタメントのトレーニング

おはようございます!

今日からポルタメントのトレーニングをしたいと思います。

ポルタメントの意味がわからない方もいらっしゃると思いますので!

wikipediaより
⬇︎
ポルタメント (portamento ) は、ある音から別の音に移る際に、滑らかに徐々に音程を変えながら移る演奏技法である。イタリア語の"portar' la voce "、フランス語の"port de voix "(いずれも「声を運ぶ」の意味)に由来し、声楽やヴァイオリンなど擦弦楽器の表現方法であった。現在は管楽器や電子楽器でも使用される。旋律を情感豊かに歌うために使用されるが、乱用は悪趣味であるとされる。


このポルタメントを使ってのトレーニングにより音の幅を維持出来る様になる利点があります。


例えば高音になって行くと必然的に声は細く高く聞こえて来てしまいますよね。

音程を逆発想で取る時と同じ様にポルタメントのトレーニングは音が上がる時にお腹を下げて行く様にして丹田に着地させる様に意識するのです。

この意識により声は太さが変わることなく高低も感じなく出すトレーニングとなります。


まずは呼吸法を使ってこのお腹を下げて行くトレーニングをやってみましょう。

逆腹式呼吸法と同じく口からお蕎麦をすする様に息をすってください。

そして吸うのと同じタイム感で丹田目掛けてグゥーと下げながらフーと息を吐いて下さい。

この呼吸を繰り返して下さい。

丹田目掛けて息を吐く感覚は注射器の液体を押し出す様にグゥーと圧を掛けて丹田まで下げて丹田を突き出して行く感じです。


image


(ちょっと雲がありますが、良いお天気になりそうです!寒くなりそうですね〜温かくしてお出掛け下さいね)





この呼吸でお腹を丹田に下げる筋力と感覚を身につけたらポルタメントをやってみましょう。

ポルタメントはド〜ソ〜ド
ドからソに上がる時に道を作る様に音程を変えていきます。

先ほどの呼吸法を使ってドからソに音は上がってますがお腹を下げて丹田に着地させます。


丹田に着地した状態を維持したまま音だけソからドに下げて行きます。

お腹はそのまま丹田の位置で維持したまま音だけ動かして下さい。

こちらの動画を使ってまずはポルタメントが出来る様にしましょう!
http://youtu.be/iZ74pf6UZs8


ポルタメントが出来る様になりましたら今度は半音ずつ上がりながら(い)で練習して下さい。

発声的に(い)が苦手な方もいらっしゃいますが、ポルタメントのトレーニングは(い)が一番やりやすいと思います。

昨日までのブリッジかけの部分(地声とミックスボイス等の切り替え部分)も綺麗に(い)でポルタメントで歌えるとさらにブリッジかけも進化します。

ではこちらの動画でトレーニングして下さい。
http://youtu.be/lOg5uB-kXpY


ポルタメント自体決して簡単ではないですが地道にトレーニングして歌える様に頑張って下さいね!


明日はさらにポルタメントを追求していきます。

それではまた明日!

ブリッジかけのトレーニング まとめ

おはようございます!

今日はブリッジかけのトレーニングのまとめをです♪


このブリッジかけはボイトレの中でも是非とも克服したいトレーニングの一つだと思います。

1オクターブくらいの音域しかない曲でしたらサランと切り替えもなく歌えるものですが、なかなかそんな曲は少ないものです。

最近は男性曲も女性のkeyぐらい高い曲が結構ありますし…

いかに地声とミックスボイスまたは裏声(ファルセット)を綺麗に切り替えられるか!と言う所が課題になってる方は多いと思うのです。

地道なトレーニングが必要と思いますが是非!頑張って頂きたいです。


ではまず
1️⃣一音ずつチェックしながら地声で出せる場所とミックスボイスまたは裏声(ファルセット)に切り替わる場所を見つけて行きましょう。

こちらの動画を参考にして下さい。
http://youtu.be/9fUTsFzYFwg


2️⃣切り替え場所がわかりましたら今度は地声は(あ)ミックスボイスまたは裏声(ファルセット)は(い)に切り替えてトレーニングして行きましょう。
やり方はこちらです。
http://youtu.be/L5zc9YDlJt8

やり方がわかった方はこちらの動画でトレーニングを実践して下さい。
http://youtu.be/rcyu1X7GcTY

ブリッジかけが上手く行くまで何度も繰り返しトレーニングして下さいね!

地声とミックスボイスまたは裏声(ファルセット)の声量の差がない事を目標に頑張って下さい。

image


(今朝は雲のない綺麗な空です。日の出は遅くなったのと朝陽の位置が移動して見えなくなってきました…残念)






3️⃣(あ)と(い)の切り替えがイマイチ上手く行かない方はニャニャニャでブリッジかけを強化して行きましょう。

『アミング』の時の鼻を鳴らす場所でニャをしっかりと響かせてずっとその場所で音程を取りながら鳴らして下さい。

まずはこちらの動画でニャの鳴らし方をトライして下さい。
http://youtu.be/EFk8htISEH8


ニャの鳴らし方、場所がわかりましたらこちらの動画で下から上まで同じ響きで同じ声量を目指してトレーニングして下さい。
http://youtu.be/rcyu1X7GcTY


4️⃣さらなるトレーニングで1オクターブ半ある音階(ドミソドミソファレシソファレド)に挑戦して下さい。

こちらのトレーニングはまずはリップロールで!そこが上手く行ったら地声を(あ)でミックスボイスまたは裏声(ファルセット)を(い)でトレーニングして下さい。

こちらの動画でどうぞ!
http://youtu.be/XMDTHfwN6VQ


そしてこのトレーニングの時、身体を下げながらのやり方でやってみて下さい。

こちらの動画を参考にして下さいね!
http://youtu.be/UmCgGkJrdBs


ここまでがブリッジかけのトレーニングのまとめです。

綺麗にブリッジかけ出来るように是非とも頑張って下さいね♪

明日からはポルタメントのトレーニングをやって行きたいと思います。

ではまた明日!

ブリッジかけのトレーニング 3

おはようございます!

今日もブリッジかけのトレーニングをしっかりやって行きましょう!

昨日よりもちょっと高度な音階のトレーニングとなります!

1オクターブ半ありますので音域が結構広いです。

普通の曲でも1オクターブ半ある曲は難しいですからね!

このトレーニングで綺麗に下から上まで歌える様になったら本当に怖いものはありません♪


このトレーニングはまずリップロールでやって下さい。

音階は『ドミソドミソファレシソファレド』となります。


これは弾くだけでも決して簡単とは言えません。


リップロールで出来ましたら動画には入っていませんが昨日トレーニングしたニャでやって下さい。

ニャの響きで下から上まで綺麗にできた方は地声の部分は(あ)裏声(ファルセット)やミックスボイスを(い)で切り替えてトレーニングして下さい。


こちらの動画と共に頑張って下さいね〜
http://youtu.be/XMDTHfwN6VQ

image


(今日の空も雲が厚いですね。ガバイボイストレーニングセミナーをやっている恵比寿ガーデンプレイスのバカラシャンデリア!綺麗ですね)





この(あ)と(い)の切り替えが上手く行くようになったら今度は他の母音(う、え、お)でも綺麗に歌える様にトライして下さい。


そしてこのトレーニングの時に高音になった時身体を前かがみに下げるやり方を習得して下さい。


前にもお話しましたが高音になって来たら両腕を下に下げると声が出しやすくなるのですがそれ以上に身体(上半身)を前かがみに下げると高音が出しやすくなるのです。

重心が下がり丹田の支えがしっかりとし、上半身の力が抜けるので一石二鳥なんです。

良く前かがみになって歌われるシンガーの方っていらっしゃいますよね!

声が出しやすのですよね。


やり方はこちらの動画を参考にして下さい。
http://youtu.be/UmCgGkJrdBs


この動画を参考にこのトレーニングをする時、身体を下げながらやってみて下さい。

その感覚を身体に覚え込ませて身体を下げなくても同じように高音が出せる様になるとgood!です♪


さて明日はブリッジかけのトレーニングのまとめをしたいと思います。


それではまた明日!

このページのトップヘ

見出し画像
×