ガバイボイストレーニングは歌が上手くなることはもちろんですが呼吸法を活用する事で身体も心も健康になります。
是非ともたくさんの方に活用して頂きたいです!

歌唱の問題点☝️

おはようございます✨

今日もちょっと雲が☁️が多い空ですね🍃寒くなって来ましたね🍁

さて、今日は歌唱の色々な問題点のお話しをしたいと思います。

良くあることですが、サビは声を張っているから歌いやすいですが、どうもちょっと低めのAメロ、Bメロが歌いにくいという方は多いと思います。

どうも出だしがふらつく、
声が定まらない、などなど!

また、Aメロだからと、そっと歌ってしまう!と言う方も多いです。

確かにサビと違って、歌詞の内容も最も伝えたい部分ではなく序盤的感じで
声を張って歌うわけにはいかないですよね!

でも、そっと歌ってしまったらどうなるでしょうか?

これはPA(コンサートの音響をやられる方です)の方がおっしゃってましたが…

発声がしっかりしてない歌手の場合は、本当に一曲の中でマイクの音量調整を細かくしなくてはならないから
とても大変だ!とのことなんです!

例えば、Aメロの部分は表現として
そっと歌うので声量がとても少ないのに、サビになるとむやみに大きくなるみたいな!!

サビで急に大きくなったら、音量を下げないと聞いてくださってるお客様がビックリしちゃいますよね😅

自分でマイクの距離を上手く使いこなすのも大切ですし、それが上手に出来ないとこの様な現象が起こるのです😅


しかし、もしマイクがなかったらどうなるでしょ!


そっと歌っているAメロは聞こえないはずです😱


ですから!どんなに低くとも、
例え小さめに歌うにしても、
丹田はしっかり使って、身体を鳴らせて欲しいのです。


お腹から声が出ている状態で
いつも歌っているという事です。


表現する事を声量でコントロールしないという事ですね!


だからって歌の出だしから、サビみたいに歌えと言ってるのではありませんよ😁


ちゃんと曲の運びもニュアンスも大切にしますが、丹田を使う事を忘れずにしっかりと声をコントロールして下さいね!


また、この低い曲の出だしは音程も
ぶらつき易いのですが、丹田をしっかり使う事でピッチも安定して来るはずです。




image


(柿が美味しそうです😉秋ですね🍂)







もう一つ、少し類似しているお話しですが、抑揚を付けるが為に、声が一定にパーンと出ない方も多いです。

この歌い方をされる方はわりと合唱をやっていた方に多くいらっしゃいます。


良く合唱で一本調子に歌わずに強弱をつけて抑揚をつけなさいと言われませんでしたか?


は〜るの〜うら〜ら〜の〜
と歌う時に
は〜をクレッシェンド(大きく)しながら、ると歌って行く感じです!


この様に歌う方は、しっかりと声を前に出す事が出来ずに、声が出たり入ったりしてしまうのです😓


言葉も効きにくくなりますよね!


この歌い方も丹田をしっかりと維持できていると解決されるはずです。


サビでパーンと声を張ってる時は
丹田も必然的に維持できてますから、
逆に考えると、丹田を維持すれば、声が抜けてしまう事もなくなるという事です。


この抜けてしまうのは、歌の語尾にもありがちな事なんです。


歌の語尾で声を止める時は、本当にそれぞれの癖がとても出るものです。

最後まで丹田の支えを意識してないと、先ほど言った様にフニャフニャと声がヨレたり、むやみにビブラートが掛かったり、または力で押し止める方もたくさんいらっしゃいます。


できる事なら意図的に軽くビブラートを掛けて、綺麗に切りたいものです✨

しかしこの処理はかなり気を付けて、意識をしないと、綺麗には終わらないのです😓

一番多いパターンは語尾の音程が下がる事です!
非常にたくさんの方がこのパターンにはまってらっしゃいます😁
また、音程になってない方も多いです!


歌の出だしと、終わりが綺麗だと!
とても上手く聞こえるんですよ
(もちろん真ん中も大切ですよ😁)


要するに最後まで丁寧に歌う事がとても大切です💕


是非!ご自分の歌を録音して、ご自分の歌の語尾を聞いてみて下さい!


この最後の処理が上手い方の歌は聞きやすいのです👍


常に気にする事!が大切です!
そしてとにかく語尾を上げる意識を
オススメします☝️

語尾を上げるだけで!
絶対上手く聞こえます(笑)


さてさて!今日も読み終わったら
是非とも逆腹式呼吸を練習して下さい。


歌に最も必要な丹田の筋トレは毎日の積み重ねです😤💨



①おそばをすする様に口から息を吸って
②胸を止めて→丹田を突き出して
③息をケーキのロウソクを消す様にフーと吐く

頑張って下さい!

そして!毎回の宣伝ですが!
この呼吸法に興味のある方は、
11月より新たなセミナーを開始することになりました👍
下記をご覧ください👀

http://cli-max.net/page-8875

読んで下さってありがとうございます🙇💕

低音の練習法🎵

おはようございます✨

ちょっと雲が多いですねぇ〜⛅️
午後はお天気になる様です😊


さて!今日こそ!低音の練習法をお話します!

まずはリップロールでどこまで低い所が出るかをチェックして下さい。
リップロールで出る所は実音でも出ますから、良くリップロールで響かせて欲しいのです。

低音の場合、低くなるにつれ前に響くことが難しくなり、後ろに飲んでしまう?感じになりやすいです!

この!前に響かない現象は!
前にお話した!『アミング』
が役に立ちます。

『アミング』は鼻を響す事で、前に響きを持ってこれるので、高音だけでなく、低音にも効果バツグンです!

口を開けた状態で、鼻を摘んで、(あ)で鼻声を作ることだけで違いが出るはずです。

言葉だけだと難しいですから、映像と共にじっくりとお届けしたいですね!

そんな日をお待ち下さいませ🙏


鼻の響きと共に大切なのが胸の響きです!

低くなると、どうしても喉に当たってしまう方も多いのですよ!

この解消がバイブレーションボイストレーニングの呼吸法で解決出来るのです😊👍


息の吸い方はいつも通りです

①おそばをすする様に口から息を吸って
②胸を止めて→丹田を突き出して

この次に思いっきり胸も突き出して下さい😤💨

オードリーの春日みたいな感じに😁

そして胸から息を吐いて下さい!

勢いよく😤💨

この呼吸を4〜5回繰り返して下さい


その後に、
逆腹式呼吸をして、胸を突き出して
(あ)で半音ずつ下がって下さい。

喉に当たっていた声が胸に落ちるので、鳴りもよくなり、胸の響きも
加わって低い声が出しやすくなります。

プラス鼻の響きを入れたら、かなりいい感じのはずです😊👍


試してくださいね😉




image

(今日も御岳山のロックガーデン🍃🌿これは橋です😊)






確かに低音は元々持っている声帯の長さに左右されるとは思いますが、響す練習をすると徐々に出てきます。

胸の響きはとても大きいので、呼吸法はしっかりやって下さいね!


ちなみに背が高い方は声がは低く
背の小さい方は声が高いと言われてます!確かにその傾向はありますね!
でも!例外もありますなぁ〜と
周りの友達や、生徒さんを見て思います😁


身体で鳴らす事を練習するのにもう一つ練習法があります!

これは思いっきり自分が身体の大きい黒人さんになった気分で!

喉をよく開いてこれでもか!っと言う太い声を(お)で作って下さい!

女性の場合は宝塚の男役の方になった様な感じです。

胸をしっかり鳴らす様にして、

ラ シラ ド シラ
♩ ♫ ♩ ♫


と太い声で歌って下さい!
黒人のゴスペルシンガーの方の
体型です😊

胸をしっかり鳴らしながらトライして下さい。

ちょっと面白い感じですが、太い声と、低いトーンの研究になります。


今日の低音の練習法を逆腹式呼吸と共にしっかり練習してみて下さいね!

明日は歌唱の色々な問題点のお話しをします。


逆腹式呼吸は


①おそばをすする様に口から息を吸って
②胸を止めて→丹田を突き出して
③息をケーキのロウソクを消す様にフーと吐く

丹田の維持をくれぐれもお忘れなく!
筋肉👊🏻育てて下さいね!


この呼吸法に興味のある方は、
11月より新たなセミナーを開始することになりました👍
下記をご覧ください👀

http://cli-max.net/page-8875

読んで下さってありがとうございます🙇💕

英語と日本語☝️

おはようございます✨

今日は朝陽が綺麗ですよぉ〜🌅
爽やかな1日になりそうです🍁


さて!今日は😊
昨日のポルタメントの時に…圧力をかける感じにお腹の中を使って下さい。

と言っていたやり方を呼吸で練習すると、やり易いので、その練習からです!

吸い方はいつもの逆腹式呼吸と同じで!

①おそばをすする様に口から息を吸って

②息をフーと吐きながら、内蔵をグゥーと丹田に下げる様に押しさがて行きます。

呼吸をやりながらだと、解りやすいと思います。

わかりにくい方は寝ながらやる事をオススメします!


そして今日は低音の出し方のお話しをして行きます😊


前にも言いましたが、高音はある程度、発声練習で伸ばす事は可能なのですが、低音はやはりその人の持ってる声の質に左右されますので、発声だけでは、伸ばす事が難しいとされてます!

ですから、まず!一番手っ取り早いのは、喋り方を変える事です。


日本人は比較的、公の場や営業など
人前に立ったり、仕事の電話応対など
高めの声でしゃべる癖があると思います。

多分日本語自体が、あまり口を動かさずに喋れてしまう言語なので、オクターブあげるぐらいでないと、ハッキリ聞こえないというのもあり、高めに喋る癖がついてるのではないでしょうか?

映画など2か国で、日本語と英語とか切り替えて聞くと面白いです😁

英語に対して日本語の声優さんの方がなぜかオクターブぐらい声のトーンが高いんですよね😁




image


(紅葉はまだ!ちょっと早かった様です😅)







低い声の話しなのに色々横道にそれてますが、それたついでに!
日本語と英語のお話しをしまくります。

日本語と言う言語自体が、喉を枯らす言語だと、前にお話した山王病院ボイスセンターのDr.駒澤かおっしゃってました。


歌を歌うのは、歌い方が正しければ、さほど声帯に負担は掛からないのですが、喋る事が多いと声に支障が出るそうです。


歌い手さんがボイストレーナーもやっている場合、このレッスン時の喋る行為が喉に一番いけないと言われます。
これも日本語だから余計そうだそうです!

前に聞いた事がありますが、英語は口もよく動かすし外人の方は話す時もお腹からしっかり声が出でいるので、歌うのと同じ様に身体を使えているそうですが、日本人の人は喋る時に口先だけで喋っていると!

確かに外人さんって、お腹から声が出ているって!感じで声が大きくてハリがありますよね!


歌う時も、日本語より英語の方が発声がし易いので、声が出し易いと言われてます。

ですから、英語の曲は得意だけど、日本語になると歌いにくいと言う方も、とても多いです!

まっ!日本語は前も言いましたが、発音し辛い言葉が一番トップに来たりしますからね😅

でも私達はお箸の国の人ですから、日本語でちゃんと歌える様にしていたいですよね😆

もう一つ!余談ですが、昔読んだ発声の本で、『歌が上手くなるスーパー発声法』と言う、お医者様でオペラを習ってらっしゃる方が書いた本だったのですが、
こんな話がありました。


日本語とインディアンのある一部の部族の言葉だけが左脳を使って喋っているそうです!


他の言語はみな、右脳を使ってしゃべってるそうなんですよ!


右脳と言うのはクリエイティブ(創造力)を司る脳で、左脳は計算を司る脳です!

なんでも、日本語はたくさん言葉があるので色々組み合わせながら喋っているという事で計算されてるそうです!

この様に左脳で喋っている日本人は歌っている時も右脳を使わず左脳を使っているので伝えるとか、表現する事が苦手だとの事なんです!

言葉が少なかったら表情や表現で伝えますものね!
確かに外人さんは表現豊かですよね!


低い声の練習法は何処へ…😆

長くなってきたので、それは明日のお楽しみに😊🙇🏻


さて!毎日の日課として、逆腹式呼吸は頑張って下さいね!


①おそばをすする様に口から息を吸って
②胸を止めて→丹田を突き出して
③息をケーキのロウソクを消す様にフーと吐く


この呼吸法に興味のある方は、
11月より新たなセミナーを開始することになりました👍
下記をご覧ください👀

http://cli-max.net/page-8875

読んで下さってありがとうございます🙇💕

このページのトップヘ

見出し画像
×