ガバイボイストレーニングは歌が上手くなることはもちろんですが呼吸法を活用する事で身体も心も健康になります。
是非ともたくさんの方に活用して頂きたいです!

マイクの持ち方

おはようございます!

今日はマイクの持ち方のお話をしていきます。

前にお話した様にマイクの持ち方で性格判断があるぐらい人それぞれの持ち方には特徴があります。


1️⃣もちろん持ち方は自由なのですが頭の部分を持ってしまうとハウリングを起こしてピィーと音が出たりしてしまいます。


これは避けなければいけないのでマイクの頭の部分を持つことはやめましょう!


また!
2️⃣最近はとてもマイクを口に近づけて歌う方が多いですがこれは言葉がはっきりしない原因になります。


ぼぁ〜として輪郭がはっきりしなくなってしまいます。


理想は拳一つ分開けるぐらいと専門のPAの方はおっしゃいます。


そのぐらい離れていてもしっかりと声がマイクに乗るように発声が出来ていることが大切です。


近いとマイクからの音量に頼ってしまうのでしっかりと発声されていない場合が多いということです。


また近すぎるのは自分のマイクなら良いですが衛生的にまずいですよね!


また低いAメロなどはべったりマイクについて歌ってちょうど良くてもサビになって声を張った状態でマイクがとても近い状態だと音は割れますし聞いてる方もビックリしてしまいます。



マイクの口からの位置は低音で抜けが悪い時と高音で張った時との使い方は研究しましょう!

image


(今朝は寒いです!雲の多い空はまだ朝陽が薄っすらです。昨日のお花屋さんの白いバラ。綺麗ですね)







3️⃣マイクは口に対して上下する分には離れても声を拾えるのですが口の横にずれてしまうと全然声を拾ってくれません。



以外と無意識に口の横にずれてしまう事が多いものです。
聞こえづらかったら横にずれてるかもしれませんので気を付けて下さい。



4️⃣逆に大丈夫なのが、マイクを口の下に縦に持っても、しっかり拾います!



縦に持つというのは動画を見て頂いた方がわかりやすいですね!



ここまでの4つのマイクの使い方の動画はこちらです。
http://youtu.be/0Dovvha20qw



この動画を参考にマイクの持ち方を研究して下さいね!


マイクに頼ることなくしっかりと発声できる様に逆腹式呼吸もお忘れなく!


①おそばをすする様に口から息を吸って
②胸を止めて→丹田を突き出して
③息をケーキのロウソクを消す様にフーと吐く


5分ほどやって下さいね♪


さて明日は引き続きマイク関連のお話しをしていきます。


暮れが近づいて来てだんだんと慌ただしくなって来ましたね。


あまりトレーニングも出来ないと思いますが呼吸法だけでもやってみて下さいね。


ではまた明日!

リズムのトレーニングのまとめ

おはようございます!

今日はリズムトレーニングのまとめです。

まだ上手く出来ない方はゆっくり時間を掛けて頑張って下さいね。

それではわかりやすくまとめて行きますね!

1️⃣リズムキープのトレーニングをしましょう!

リズムが走ったり遅れたりするのはリズムをしっかりキープ出来ていない事が一つの原因です。

次のやり方でトレーニングして下さい。


①椅子に座って
まず利き手でない方の手(右利きの方は左手)で1小節に四分音符を4つ叩く様に1.2.3.4と膝を叩いて下さい。

②次に利き手(①の反対の手)で八分音符を8つ叩く様に1.2.3.4.5.6.7.8と膝を叩いて下さい。
利き手か4つ打ち反対の手がその倍の8つ打ちになります。


左右の動きがバッチリになりましたら曲を聞きながら一曲叩いて下さい。

それもバッチリになりましたら歌いながらトライして下さい。

こちらの動画を参考にやって下さい。
http://youtu.be/tVANwkKOSx8


得意不得意がありますので不得意な方は焦らずゆっくり頑張って下さいね!


image


(今日はお友達のお家のクリスマスツリーです。かわいいですね!)






続いて!
2️⃣2拍4拍のバックビートのトレーニングをやりましょう!


曲を聞きながら2拍目と4拍目を打って下さい。


2.4拍目はスネアの位置になります。


このバックビートを意識する事で走りやすい方はストッパーになってくれます。


このトレーニングはさほど難しくはないですが一曲続ける事は決して簡単ではないので頑張って下さいね。


曲と共に出来るようになったら次は歌いながら頑張って下さい。


最後に!
3️⃣裏取りのトレーニングをやりましょう!

16ビートを感じながら8分音符の2.4.6.8をとって行きます。

曲を聞きながら一曲裏打ちで取ってみて下さい。

割と難しいですがスローテンポのものよりアップ目の曲の方がグルーヴが取りやすいです。


しっかりと16ビートを感じながら裏打ちして下さいね!


一曲裏打ちをやり遂げる事が出来た方はお好きな曲を歌いながらトライして下さい。


歌いながらはかなり高度と思いますが時間を掛ければ必ずできます。


ではこちらの動画を参考にやって見ましょう!
http://youtu.be/_OKYv6lRiJ4


以上が基礎的なリズムトレーニングです。


徐々に進化して下さいね♪


さて明日はマイクの持ち方を動画と共にお届けしますね!


ではまた明日!
メリークリスマス🎄

リズムのトレーニング 2

おはようございます!


クリスマスイプの本日もリズムトレーニングは続きます!!!


昨日の左右別々の動きは出来る様になりましたか?


元々バッチリに出来る方は歌いながらでもさほど問題はないと思うのですが苦手な方は歌いながらリズムを取るとご自分の歌っているメロディーのリズムを利き手で打ってしまう方が多いです。


気持ちはよ〜くわかります!


しかし両手と口の3つは別々の動きでなくてはならないのです。

大変ですが地道にとにかくやり続けて下さい。


昨日の動画でまずは今日もう一度トレーニングして下さい。
http://youtu.be/tVANwkKOSx8


このトレーニングをやる事でリズムをキープする事ができる様になったら次は2拍4拍のバックビートを取りましょう!


この2拍4拍はドラムのスネアの位置でこのバックビートを意識する事でリズムが走る事を防ぐ事が出来るのです!


日本人は基本的に頭取りと言われてるんですよね。


1拍3拍で手拍子するタイプなんです。
盆踊りとか!そうですよね!


逆に黒人の方は2拍4拍にどうしてもなってしまうとか…

このバックビートでのトレーニングはそれほど難しくはないと思いますので曲に合わせてそして歌いながらやってみて下さい。
image


(今朝も雲が多いですね。クリスマス柄のボールペンです。かわいいですね)






バックビートのトレーニングが出来たら最後は裏取りのトレーニングです。


これはちょっと難しいも知れませんがグループ感をしっかり出せる事と16ビートを感じるながら頑張って頂きたいです。

やり方は
one and tow andとのandの部分いわゆる8分音符の2.4.6.8をとって行きます。

曲と一緒に一曲裏で打てる様に頑張って下さい。

この時ただ裏を叩いているのではなく16ビートを4分音符一つにタタタタと4つを感じながら叩いて下さいね!
難しいですが…


こちらの動画を参考に実際お好きな曲でトレーニングしてみて下さい。
http://youtu.be/_OKYv6lRiJ4



このトレーニングはバラードよりは少しテンポが速い曲の方が逆やり易いと思います。

なぜか裏打ちをすると首が動いてしまうものですね!

慣れるまでは大変ですがこのトレーニングにより16ビートを掴めむ第一歩になりますから是非とも頑張って下さい。

明日はリズムのトレーニングのまとめをしたいと思います。

今年もあと少しですね♪素敵なクリスマスイプを!!!

ではまた明日!

このページのトップヘ

見出し画像
×