ガバイボイストレーニングは歌が上手くなることはもちろんですが呼吸法を活用する事で身体も心も健康になります。
是非ともたくさんの方に活用して頂きたいです!

発声練習の注意点☝️

10/2おはようございます✨

雨、風が凄がったですね!気をつけて下さいね🌀

さて!今日は発声練習をする時のおすすめポイントや注意点をお話しします。

まず!おすすめなのが、丹田が使えているかわからなかったり、あるいは丹田がどうしても凹んで行ってしまう方は、丹田を自分の手で押し返しながら発声練習をして下さい。

しっかり丹田の存在がわかるまでは、皆さんこの様に手で押し返しながらやった方がわかりやすいと思います。

ただ、しっかり丹田を使える様になったら、手で塞いでしまうのでなく、開けた状態にしたいので、手は
20センチほど離したところにおき、音の振動を感じでみて下さい。

実際やってみるとわかりますが、手で塞いだ時と、手を離した時では、声の出やすさが違います。

声の出口を手で塞いでいる感じなのです。

発声練習の順番としては、
まず逆腹式呼吸の
おそばをすする様に口から息を吸って→胸を止めて→丹田を突き出して→息をケーキのロウソクを消す様にフーと吐く

この呼吸法を数回繰り返す(10回以上)
時に確認で手で押し返しながら呼吸をやり、声を出す時は手は離して声を出すと良いと思います。

丹田の押し返しが、イマイチ弱いな!と感じる場合は声を出しながらも、手を使って下さい。



image

(野生のキノコ🍄食べらなそうですね😁)





さて注意点なんですが、
発声練習の時もやはり音程(ピッチ)を気をつける事を忘れないで下さい☝️

音が聞きにくいときに、耳を塞ぐ癖になるのは良くないのですが、
片耳を手で塞いで声を出すと自分の声が頭の中で響いて聞こえやすくなるはずです。

お腹から声を出すとき、勢いがありすぎて、やたら怒鳴ってしまったり自分の声しか聞こえない状態を作りがちですが、そうではなくしっかりとピアノの音を聞ける状態で声を出して下さいね!

曲を歌う時だけでなく、発声練習の時もピッチは気を付けて、丁寧に声出しをして下さい。


あともう一つ、この一音ずつの音出しだとあまり気にならないかもしれませんが、例えばドミソドソミドの様につながった音を出す時に、(あ)で出していても、音程が変わるごとにアゴが動く方が割と多くいらっしゃいます。

多分、アゴで音程を取っているのだと思うのですが、余計な力も加わりますし、同じ発音の(あ)なので、アゴを動かす必要はないはずなのです。

発声練習の時にアゴが動いてる方は、普通に歌を歌っている時も、クセで動いているはずです😆

コブシ回しでアゴを使われる方もいらっしゃいますが、必要のない力が掛からない様に発声練習して下さいね!

あと、もう一つおすすめポイントですが、音が高くなって来ると、必然的に肩や喉に力が入って来るものです。ですから高音になって来たら両手を下に引き下げると効果的です。

重心が下に落ちると高い声が出やすくなります。
肩もしっかり下がりますので、出にくいなぁ〜と感じたときは両手をぐっと下げてください😊


この様な点を意識しながら、ちょっとづつでも発声練習を毎日繰り返し みてください👍

さて!明日は生徒さんの様子から色々なお話をさせて頂きます。

読んで下さってありがとうございます🙇💕

発声練習

おはようございます✨
今日から10月😆
今年も残すところ3カ月😳
早いですね💨💨💨


今日は実際どのように発声練習をして行くかをお話しします。


通常の発声練習は
例えばドレミファソファミレドとか!
ドミソミドとか!
ドミソドソミドとか!
(何だかわからない方すみません🙇🏻)


要するに下から上まで!以外とパァ〜と流れで歌って終わってしまいがちなのです!


このバイブレーションヴォイストレーニングの場合!丁寧に一音一音!
ゆっくりと出して行くやり方をしています。


何故なら!呼吸と、丹田を意識して確認しながら身体に覚え込ませる為です!


バイブレーションヴォイストレーニングのセミナーでは、楽しいではなく、今流行りの!ライザップの様な感じで😁鍛えまくります。


ひたすら確認しながら声を出して行くのです!


もちろん、身体が覚えたら、楽しく歌って頂きますが、そこまでは反復練習です。


どんな大御所のプロの方もみなさん、現状維持の為に、基礎練習をされていらっしゃるはずなんです👍


筋力はもちろん使っていないと落ちてしまいますし、甘んじられないのが身体です!
本当にスポーツと一緒で、一日たりとて休めないのです😤


もちろん長く使っていれば感覚は備わってきますから、一日使わないからといって、すぐに後退してしまう訳ではありませんが、放っておくとどんどん感覚は鈍って行くのです😢


ですから、丁寧に身体に染み込ませて行く事が何より大切なのです!



image

(今朝の空です!秋🍁ですね)



逆腹式呼吸の呼吸法で!
吸って→止めて→丹田を突き出してから(あ)で中音域からロングトーンで、丁寧に身体が使えているか、チエックしながら音程を半音づつあげて行きます。


音域は人によって違いますが、
比較的パーンと張りやすい声の音域
女性がまず(中央なG=ソ)から
男性がまず(中央のD=レ)から
上行していきます。
地声で出る音まで、繰り返し練習します。
最初の音が高い!と感じる方は、ご自分が一番出しやすい音から始めて下さい😊


普通の状態との比較をチエックする為に、最初は普通の呼吸の声出しで音域をチェックしてから☝
逆腹式呼吸の呼吸で
吸って→止めて→丹田を突き出して
声出しをしてみると、その差がわかりやすいと思います。


高音へと上行する声出しを数回こなしたら、今度は低音にトライして下さい。
上行と同じく!
吸って→止めて→丹田を突き出して
声出しをして下行して下さい。


実は、発声練習で、高音を伸ばすのは比較的簡単なのですが、低音を伸ばすことは、なかなか難しいのです。


どんな練習法が良いか!と言うと!
喋り方を変えることが一番効果的なんです。
そう!低い声で喋る練習をするのが効果的です。
女性は宝塚の男役の方になった気分で!頑張ってみて下さい😁


それでも、発声である程度は低音を響す事は出来ます。


低音を響すコツは色々とあるのですが、逆腹式呼吸を使った気功の呼吸法で、丹田以外を使った呼吸法と成りますので、今はまず丹田を目覚めさせて頂きたいので、もう少しお話しを進めてから、この練習法をお伝えしたいと思います!
お楽しみに✨😊


明日はこの発声練習をする時の細かい注意点をお話ししますね☝️


読んで下さってありがとうございます💕🙇🏻


image

(このイベントライブ🎵とても楽しいです!是非!遊びに来て下さい😊)

丹田を使って声を出すって?

おはようございます✨

さて!今日は実際に丹田から声を出すと言う事をお話しますね😉

発声練習の時に、お腹から声を出して〜と言うフレーズは頻繁に飛び交います!

しかし!お腹から声を出すって一体どういう事????
と思われる方が大半を占めるのではないでしょうか?

ヴォイストレーニングの難しさは、とても抽象的な所です!
お腹の中を、切り開いてこの筋肉ですっ!とお見せ出来ないし、
なんせ身体は人それぞれ違うし…
声の質もそれぞれ違うし…
はっきりしない事だらけです。

大きな声を出すウォーミングアップや体験として、
かつてから、まず1キロ先の人を呼び止める気持ちで、声を遠くに飛ばして、おーい💨と言ってみましょう!

と声出しをするのですが、ある意味大きな声がそれで出る方は出ますが、お腹から出ているか?と考えると、それは定かでないのです!

悪くすると思いっきり怒鳴って喉を痛めてしまうかもしれないのです。


image

(野花は癒されますね💕)



お腹から声を出す以前に、
女性に多いのですが、喋っている時や、歌っている時に、ついついファルセットになってしまう方、またはファルセットになっている事に気が付いていない方もいらっしゃいます。

喋っている時にファルセット(裏声)になってしまってる方には、色々な要因がありますが、地声だと、喉が痛いからと言う理由の方や、無意識に息の抜けた楽な出し方にしてしまたり、基本的にそう言う方は丹田を使えてない喋り方と言って良いのでは、と思います。

歌っている時に、『喋ってる時と声が違うね』と言われる方は、歌を歌う時の声を作ってる方が多いですね!
これは私の持論ですが、日本の小、中学校での音楽の授業の影響ではないかと😆
クラシック主体の音楽教育は、多分みなさんも経験があると思いますが、地声で歌うと『みんなと合わせて綺麗な声で歌いましょう』的な感じでなかったですか?

そう!この綺麗にがファルセットで歌う癖になってる方は多いのだと思います。

または、歌っている時に舌に力が入り、後ろに引っ込んでしまう方も、ファルセット(裏声)になりがちです。

お腹から声を出す、ファルセット(裏声)でなく地声を出すことの改善法の一つが

丹田を使うことなのです!

バイブレーションヴォイストレーニングのこの呼吸法を使うことによって、丹田の位置や使い方が呼吸と言う、生きて行くには必要不可欠な動作で、確認出来るのです!

大概の方はこの逆腹式呼吸で、丹田を意識して呼吸を行うと、体験レッスンやプレセミナーで、お腹から声を出す事を実感されます😊
ただ、怒鳴って大きな声を出すのではなく、お腹から声を響す感覚を味わえるのです👍

前にも言いましたが、この逆腹式呼吸を日々やるだけで、筋肉が育ちます!VV筋(ブイブイ筋)が育ちますから、まずはトライしてみて下さい!

実感したい方は是非!セミナーに参加して頂きたいのですが、

追加で10/11(日)に募集してました、セミナーは昨日、すでに満席となりました。

また、次回の募集をお待ち下さい✨

さて!明日は実際に声を出す練習法をお知らせします。

読んで下さってありがとうございます💕🙇🏻

このページのトップヘ

見出し画像
×