おはようございます。

東京アラートが解除され、ステップ3に緩和されることで、ライブを解禁する条件が出されて来ていますが…

楽器演奏の方がマスクをしたままと言うのも…かなり息苦しさがあると思います(特にドラムの方)

その上!フェイスシールドをしたまま演奏や歌を歌うのは、まず不可能だと思います‼️

フェイスシールドを使われた事がある方はお分かりになると思いますが、会話をしてるだけでも自分の声の反響が凄くて耳に来るのですから、歌うとなったら、耳は終わると思います…

しかも自分の声しか聞こえない状態になりそうな気がします…

ステージとお客様との間にコンビニなどのレジに使用している透明なシートを貼る方法もありますが…

楽器店のレッスンで使ってますが、音が遮断されるのでこれまた聞き取りにくいです!!

せっかくのライブであのシートがあったら…本当にライブとは言えないと思います…

ライブハウスは地下のお店や窓のない状態のお店が多いのが事実ですから…確かに三密になりますが…

ライブをやるための制限をしてまで、演奏する必要があるのか??
とヒントマークも出てしまいます…

コロナ騒動に対して、人それぞれ見解が違いますので、実際ライブを観に来て下さるお客様がコロナにかかるかもしれないリスクがあるかも知れないなら、わざわざ観に行く気がしないと思われる方もいらっしゃるかな?とも思います…

色々な意味で難しい判断ですよね…

3月にやるはずだった発表会も7月に延期にしましたが…開催出来るかは難しいところです…


西涼子Positive Energy ボイス エクササイズ
http://nishi-ryoko.com/

02F4525B-5221-46F8-BD3A-D4CF11B49D34